So-net無料ブログ作成
- | 2012年07月 |2012年08月 ブログトップ
前の10件 | -

五輪柔道、エディソン・ミナカワら3審判を「1日だけ」謹慎処分 [ロンドン五輪]

判定がジュリーによってくつがえされる異例の結果を出した男子66キロ級の海老沼匡選手とチョ・ジュンホ選手の試合。
この試合を裁いたブラジルのエディソン・ミナカワ主審と、副審のふたり(それぞれウズベキスタンとイタリア)に対して、国際柔道連盟(IJF)は謹慎処分を出し、30日の試合からは外していました。が、謹慎処分は1日だけで、31日からは復帰。

エディソン・ミナカワ主審は「日本人嫌い」として有名だそうで、「旗判定では日本人に上げない」という証言まで出ているほど。
真偽のほどは定かではありませんが、彼らが審判に戻ることに不安を感じる人も少なくないと思います。

とは言っても、審判の質が低いのが問題とはいえ、ジュリーが口を出さなければ有効が取り消しになったり一本が有効になったり判定がくつがえったりということはなく、常に審判の判定は正しいものとしていたはず。
そもそもは誤審のせいですが、混乱を招いたのはジュリーの存在のような気がしますが…。

審判のせいなのかジュリー制度のせいなのか。まぁ、まず誤審をするほうが問題なのですが。
そしてジュリー制度を入れないとまともに審判もできない、そんな審判を選ぶ国際柔道連盟もどうなのかと思います。
まだまだ国際柔道には課題が多いみたいですね。

海老沼選手もチョ選手も結果的には銅メダルを取ったから良かったようなものの、4年に1度の大会で選手たちが悔いを残すことなくし合いを出来るように、審判や運営側にはしっかりとしてもらいたいですね。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

五輪フェンシング、韓国女子選手が舞台に座り込み抗議!相次ぐ審判や運営のミス [ロンドン五輪]

今回のロンドン五輪では、審判や運営側の不備がたびたび見受けられます。
フェンシング女子エペ個人の準決勝で、韓国の申アラム選手が判定に異議を唱え、ピスト(舞台)に座り込む形で抗議。
結果、3位決定戦と決勝が1時間ほど遅れるという事態になりました。

試合の様子はこちらで見ることができます。
http://www1.nhk.or.jp/olympic/fencing/result.html?d=FEW002202

どのような経緯で、韓国の申アラム選手はこの不服を申し立てるに至ったのでしょうか。
問題は、運営側の時計操作にあったようです。
この試合、韓国の申アラム選手とドイツのハイデマン選手は5−5というスコアで延長戦までもつれ込みました。
この延長戦、残り1秒で決勝点をハイデマン選手が得え試合終了となったのですが、この1秒は本来ないものであった可能性が。

ルールとして、試合時間内に決着がつかない場合は1分1本勝負の延長戦に入ります。
この延長戦は事前にプリオリティという優先権がどちらかに与えられます。これはトスで決めるようですね。
延長戦も終わった時点で点数が入らない場合はこの優先権を得ているほうが勝ちとなります。
で、今回は韓国の申アラム選手がこの優先権を得て延長戦がスタートしました。

ところが延長戦が終わる1秒で問題が発生した模様です。
両者ともが残り1秒でポイントを取り合い、両者ともに同じポイントに。そのまま試合が終われば申アラム選手が勝ちとなります。1秒の中で動いているので、当然ながら残り時間は1秒未満のはず。
しかし、試合が中断している間に運営サイドの補助員が時計を誤って進めてしまい0秒に。
実際は1秒未満の0.7とか0.5とかのはずなのですが、仕方がないので審判は残り1秒から再開することに決めました。
この再開後にドイツのハイデマン選手にポイントを取りそのまま終了。申アラム選手の負けとなりました。

これに対して韓国側は「本来ない時間でのポイントである」と抗議。申アラム選手はその後、3位決定戦でも敗れ、メダルを逃しました。「五輪でメダルを取るために4年間頑張ってきたのにわずか1秒でそれが消えてしまった。判定を受け入れることはできない」とコメントしています。

ルールに則った方法で試合は進められたわけですが、審判や運営の不手際が目立つ今大会、選手たちが気の毒でなりませんね…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ロンドン五輪 ツイッターで追放処分2人目。スイス選手が人種差別的発言 [ロンドン五輪]

ロンドン五輪サッカー男子代表、23歳のDFのミシェル・モルガネラ選手が追放処分を受けました。
原因は、ツイッターでの人種差別的発言。
スイス・オリンピック委員会は30日にスイス選手団からモルガネラ選手を追放したと発表しました。

モルガネラ選手は29日の韓国戦で敗れた後、韓国人を侮辱するような文章をツイッターに投稿。
処分に対してモルガネラ選手は「大きな間違いを犯してしまった。韓国の人々、そしてスイスの関係者に謝罪したい。この処分は受け入れる」との声明を発表しています。

ツイッターへの書き込みが理由でロンドン五輪代表選手から追放されるのはこれで二人目です。

一人目は大会が始まる前のことで、ギリシャの陸上女子三段跳びに出場予定だった23歳のパラスケビ・パパフリストゥ選手。
「ギリシャにはアフリカ人が多くいるので、西ナイルの蚊はたくさん自分の国の食べ物があっていいわね」というツイートを25日に投稿。
ギリシャでは蚊を媒介とする西ナイル熱の感染者が出ているので、それに引っかけてアフリカ系移民をからかったもののようです。
これよ読んだ人たちから批判が殺到し、パパフリストゥ選手はすぐにコメントを削除しましたが、ギリシャ五輪委員会は「五輪精神に反する」としてパパフリストゥ選手の出場を取り消し。
「品のないジョークだった」と反省しているものの「差別的な意図はなく、処分は厳しすぎる」と訴えたそうです。

世論は「ただのジョークで追放処分は厳しすぎる。過剰な反応では?」という擁護の声から「白人の優越主義の表れで、処分は当然」と二分しました。
http://sankei.jp.msn.com/london2012/news/120727/otr12072711230010-n1.htm

なんか、ネット上ではよくツイッターを「バカ発見器」と揶揄してたりしますが、不用意な発言でせっかくの五輪への出場が取り消されたり追放されたり、もったいないことをしますね。
心の中で思うだけなら勝手ですが、ジョークであっても言っていいことと悪いことがあると思います。ジョークにできるということが問題だと、個人的には思いますし…。
特に何も考えていないのはもちろん、腹が立ったりして言っていいことと悪いことの判断ができずに公共の場で流すような人間は、平和の祭典にはふさわしくないと思います。

サッカーでもよく人種差別的な発言をした選手が出場停止処分を食らっていることがあります。
日本ではあまり縁のない話ですが、あちらではそれだけ移民の問題や、人種差別への目は厳しいと思うのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

金メダル第1号は柔道女子松本薫選手!「パフェが食べたい」 [ロンドン五輪]

ロンドンオリンピック、日本の金メダル第1号を飾ったのは、柔道女子57キロ級の松本薫選手でした。

松本選手は30日の決勝、ルーマニアのカプリイオリウ選手に延長反則勝ちで勝利を収め、初出場にして金メダルという快挙。
48キロ級の福見友子選手、52キロ級の中村美里選手がメダルを取りこぼす中、「野生児」と呼ばれている24歳が救世主となりました。

松本選手は監督から「あいつは野生児」と呼ばれ、母親からも「ゴキブリみたい」と言われるほど活発な人だそうです。
そんな松本選手のエピソードの中には2006年世界ジュニア選手権1回戦の最中に鼻骨を骨折したものの「別に死んだわけではない」と痛み止めの注射も打たず3位決定戦までの3試合に強行出場。すばらしい闘争心を見せました。
更に試合で鼻骨、上腕、右肘など骨折を5回経験。高校時代は止まってる車にぶつかって、自転車を3台廃車にしているとか。
身体は大切にしてほしいですが、これくらいのガッツがあって初めて金メダルに手が届くのかもしれませんね。

そんな松本選手は試合が終わると「パフェが食べたい」とコメント。
お菓子が好きでよく骨折しているから、お菓子禁止令が出されているそうです。
金メダルの思う存分、甘いものを食べてほしいですね!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120731-00000040-sph-spo

金メダルおめでとうございます!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

男子体操、内村の演技に判定ミス!銀メダル獲得 [ロンドン五輪]

ロンドンオリンピック男子体操団体総合決勝。
日本はミスが相次ぎ、金メダルの中国に続いてからくも銀メダル。

しかしこの銀メダル、審判の採点ミスによって当初は4位という結果が出されました。
日本にとって最終種目のあん馬。
最終演技者の内村航平は、倒立から身体をひねりあん馬を移動した際に大きく崩れながら着地。
これを「下り技を実施していない」と審判の目には映ったため、「13.466」という低得点が出されました。
中国、イギリス、ウクライナを下回り4位という順位に。

すかさずコーチたちが、技は実施されていると審判団に異議を唱え、採点の再審を要求。
ビデオ確認の結果、得点が修正され日本は銀メダルを守ることができましたが、会場内からはブーイングも。
選手たちも「素直に喜べない」と後味の悪い結果となりました。

跳馬で山室選手が負傷。田中選手は床運動で手をつくミスをし、負傷した山室選手の代わりに出たあん馬では落下。日本はミスが続き、ほぼミスのなかった中国の前に屈する結果となりました。

体操には技の難易度を採点する項目と、できばえを採点する項目がありますが、今回はこの技の難易度の判定で問題が起きたわけですね。

採点競技の難しいところだと思うんですが、ただ、審判って一人じゃないですよね。
揃いも揃って「下り技なかったよね〜」と判断したってことでしょうか。

まぁ選手やコーチは自分たちの演技内容をよく知ってるので「ここでこういうことをした」という判断は当然できるわけですが、プロの審判はそれがわからないということでしょうか。
もし少しでも「これは技を実施したのかどうなのか」と疑問があればすぐにVTR確認をして、それから結果を出せばこんな不満は残らないと思うんですが…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「T-ARA」ファヨンが脱退!原因はいじめ?ファヨンの問題行動で解雇? [エンタメ]

韓国の人気女性グループ「T―ARA(ティアラ)」のメンバー、ファヨンが契約を解除されたのこと。
事務所の発表では「度重なるプロ意識の欠如」が原因とし、「グループ内のいじめやメンバーの不仲が原因ではない」と強調しました。

しかしファヨンのほうは自身のツイッターで「真実な気事実」とつぶやき、事務所への不満を表明しています。
これに対して事務所は「ファヨンがまだ自身の過ちを認識できていない」と反論。
そして彼女の問題行動を明らかにしました。

o0362054312106088650.jpg

事務所側は「ファヨンは日本武道館でのコンサートを終え帰国した後の7月27日、KBS2TVの『ミュージックバンク』の生放送の途中、T-ARAの出番まであと2組を残した状態でステージに上がれないと突発的な行動を起こした」と彼女の問題行動を発表。

「ファヨンは足の負傷により、椅子に座った状態でラップを披露するためのカメラリハーサルを終えた状態だった」にも関わらず「しかしファヨンは、T-ARAの出番まであと2組という状態で突然ステージに上がらないと言ってきた」…ということだそうです。

さらに「所属事務所関係者と、T-ARAのメンバーは、『ミュージックバンク』が生放送であるため、放送事故を防ごうとウンジョンとヒョミンが短い時間でファヨンのラップパートを練習しステージに上がった。お陰で放送事故は免れた」「しかしヒョミンは突然のことだったので緊張してしまい、ステージでミスしてしまった」というようにメンバーに非常に迷惑をかけたことを強調。
そして、ファヨンは家に帰る途中でもファンが見てる前で松葉杖を投げつけて座り込むという行動を起こしたとか。
http://woman.infoseek.co.jp/news/k-pop/kstarnews_kpop1305185665

メンバーもこの行動に対していはツイッターで「意識の違い」「演技車に拍手」というようなツイートをしています。

ファヨンいじめ説に関しては、アイドル大運動会のさいに、他メンバーからのけ者にされていてソンジョンが側で話しかけていてあげていたという話もネット上ではありますが、事務所のいうことが正しければ、これはファヨンに問題がありますね。

ただファヨンがこのような行動を取った原因がもし事務所やメンバーにあったのなら、一方的にファヨンが悪者にされるのは気の毒かもしれません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

夏の高校野球2012、出場校49校が出そろう【第94回全国高校野球選手権大会】 [野球]

8月8日から兵庫県西宮市の甲子園球場で開催される第94回全国高校野球選手権大会。
7月30日におこなわれた福井大会決勝、福井工大福井が福井商をサヨナラ勝ちで破り、甲子園の切符を手に入れました。
この学校が49番目となり、これで今年の代表校49校すべてが出そろいました。

初出場は富山工(富山)、成立学園(東東京)、松阪(三重)、宇部鴻城(山口)、杵築(大分)の5つの学校。
戦後最多の8年連続出場となる智弁和歌山や、春の選抜を制した大阪桐蔭、昨年の夏の甲子園優勝の西東京代表日大三高、準優勝の青森代表光星学院なども甲子園への出場が決まっています。

組み合わせの抽選は8月5日におこなわれる予定です。

以下は第94回全国高校野球選手権大会の代表校。
[北北海道]旭川工
[南北海道]札幌第一
[青森]光星学院
[岩手]盛岡大付
[秋田]秋田商
[山形]酒田南
[宮城]仙台育英
[福島]聖光学院
[茨城]常総学院
[栃木]作新学院
[群馬]高崎商
[埼玉]浦和学院
[千葉]木更津総合
[東東京]成立学園
[西東京]日大三
[神奈川]桐光学園
[山梨]東海大甲府
[新潟]新潟明訓
[長野]佐久長聖
[富山]富山工
[石川]遊学館
[福井]福井工大福井
[静岡]常葉橘
[愛知]愛工大名電
[岐阜]県岐阜商
[三重]松阪
[滋賀]北大津
[京都]龍谷大平安
[大阪]大阪桐蔭
[兵庫]滝川二
[奈良]天理
[和歌山]智弁和歌山
[岡山]倉敷商
[広島]広島工
[鳥取]鳥取城北
[島根]立正大淞南
[山口]宇部鴻城
[香川]香川西
[徳島]鳴門
[愛媛]今治西
[高知]明徳義塾
[福岡]飯塚
[佐賀]佐賀北
[長崎]佐世保実
[熊本]済々黌
[大分]杵築
[宮崎]宮崎工
[鹿児島]神村学園
[沖縄]浦添商
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120730-00000013-rbb-ent

オリンピックの最中ですが、こちらも非常に楽しみですね!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

スペインまさかの敗退!日本は決勝T進出!ロンドン五輪男子サッカー [ロンドン五輪]

ロンドンオリンピック男子サッカーの第1次リーグ。
スペイン対ホンジュラスの試合が29日にニューカッスルのセントジェームズパークでおこなわれました。

この試合で、金メダルの大本命として前評判の高かったスペインが0対1でホンジュラスに敗れ、まさかの1次リーグ敗退となりました。

史上初のワールドカップ、欧州選手権(ユーロ)、オリンピックの連覇を目指していたスペインでしたがその夢はついえてしまいました。

スペインはA代表は当然のことながら、21歳以下のU21、そしてU19、U17も近年は国際大会でも圧倒的強さを誇るレベルです。
ユーロ2012で代表に選ばれていたメンバー4人を含めた今回の五輪代表メンバーでしたが、スペインの代名詞ポゼッションサッカーが得点に結びつくことはありませんでした。

荒れた試合展開でイエローカードを7枚も貰ったスペイン代表。負けるかもしれないという不安や焦りがあったのでしょうね。

日本に負けたのも想定外だったのかもしれませんが、ホンジュラスにも負けて1次リーグで敗退なんて考えてもなかったでしょうね。
相当にショックだったと思います。マタの顔が忘れられません…。

それはそうと、日本は決勝トーナメントに進出しましたね。
メダルに向けてがんばって頂きたいです!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ロンドン五輪フェンシング女子、菅原智恵子選手は7位入賞、団体戦へ挑む [ロンドン五輪]

ロンドン五輪フェンシング女子日本代表の菅原智恵子選手は28日、08年の北京五輪大会に続き今回の五輪にも出場。
フェンシング界では日本人として初めてとなる2大会連続のベスト8進出をはたし、北京五輪大会と同様の7位入賞という結果になりました。

「自分の一生懸命な姿を見てもらえたと思います」とコメントしました。

菅原智恵子選手は北京五輪の後に現役を引退。
日本協会から代表コーチ就任の要請を受けた直後に、故郷の宮城県気仙沼高校で教員を務めていましたが、昨年の3月11日に東日本大震災に見舞われました。
おおくの教え子たちが津波で亡くなり、東京へは行けないと決断しましたが、地元の仲間などに背中を押してもらい、「気仙沼を元気づけたい。人々に少しでも笑顔を取り戻してもらえれば」とコーチにとどまらず選手にも復帰。

復興のためにメダルを取りたいという思いは叶いませんでしたが、個人戦で感じた手応えを自信にして、8月2日の団体戦に挑みます。
http://london2012.nikkansports.com/column/loser/archives/p-cl-tp0-20120730-992056.html

結果は7位入賞でしたが、諦めない姿勢はきっと地元気仙沼の人たちにも届いたと思います。
団体戦、がんばってほしいですね!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

判定覆った海老沼の試合、エディソン・ミナカワ審判は「日本人嫌い」で有名だった? [ロンドン五輪]

ミナカワ主審は、男子柔道66キロ級準々決勝、海老沼選手とチョ・ジュンホ選手の試合で審判をつとめました。
この試合は、延長戦の末に旗判定。一度は韓国のチョ選手が勝利しましたが、その後ジュリーによって判定がくつがえり、海老沼選手が勝利しました。

実はこのブラジルのエディソン・ミナカワ主審は「旗判定になると日本人に上げないことで有名」だと南米で柔道を教えている日本人コーチが証言したそうです。
誰が言ったかはわかりませんが、本当にそんなことがあるのでしょうか。

名前や外見を見ると日系のブラジル人かと思うのですが、南米では日本人嫌いで有名だそうです。
仮に日本人が嫌いでも、オリンピックの審判をつとめるような人が私情をはさむのかはわかりませんが、実際にこのような問題が起きているということは、審判の質が低いということですよね。

この日本人嫌いが旗判定に大きな影響を与えたのではというのが周囲の見方のようです。
日本の柔道は、国際大会では旗判定になると不利になることが多いみたいです。
延長戦が導入されてからは、この旗判定そのものが減っていましたが、国際大会の、それもオリンピックとなれば実力が拮抗して旗判定にまでもつれこむことは少なくないかもしれません。

お家芸に対して世界の目は厳しいとの意見もありますし、審判の選定には一層の慎重が求められますね。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -
- |2012年07月 |2012年08月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。